2010年05月29日

難病診断で情報共有システム開発へ―厚労省研究班(医療介護CBニュース)

 国立保健医療科学院の林謙治院長は5月23日、日本予防医学協会主催の厚生労働科学研究難治性疾患克服研究推進事業の研究成果発表会で講演し、難病の診断を補助するため、医療機関が持つ病気の経過などの情報をネットワーク化し、共有できるシステムを開発していることを明らかにした。

 林院長は講演で、▽難病の診断には時間がかかるケースが多く、患者の精神的、身体的な苦痛が大きい▽複数の医療機関を受診すると、そのたびに受診歴や経過を医師らに説明せざるを得ない―ことなどを問題視した。

 開発中のシステムが完成すれば、症状、検査結果などを入力すると、どの疾患が何パーセントの確率で疑われるかが分かるようになるという。


【関連記事】
難病対策の厚労省内検討チームが初会合
都道府県の超過負担、4割増の267億円―難病の医療費助成で
難病対策の抜本的改革に着手―難病対策委
難病対策予算の確保で要望書―難病・疾病団体協
医薬基盤研、研究事業は「削減」、ベンチャー支援は「廃止」

雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)
自公両党、26日に赤松農水相不信任案提出へ(産経新聞)
<著作権>権利制限の一般規定導入へ(毎日新聞)
農家への補償案を提示へ=山田副大臣が宮崎知事らに(時事通信)
<事業仕分け>第2弾後半2日目 産業安全技術館、開館は平日日中(毎日新聞)
posted by cawoapt7qb at 04:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。