2010年01月12日

「心のケア必用」今も74人、阪神被災の中学生(読売新聞)

 兵庫県内の公立中学で、阪神大震災で親が受けた恐怖や家計の悪化などが影響し、心のケアを必要とする生徒が今も74人いることが県教委の調査でわかった。

 各校に配置されてきた「心のケア担当教員」(旧・教育復興担当教員)は震災前に生まれた生徒が小、中学校からいなくなる来年度は廃止され、調査も今回で最後。県教委はこれまで蓄積した子どもへの対処法などを資料にまとめ、教員に伝えていく。

 震災前に生まれた生徒がいる現在の中学3年生4万9481人を対象に、教員の報告を基に、対人関係を苦手としたり、落ち着きがなくなったりする生徒を調査した。

 今年度、ケアが必要な生徒の割合は0・15%で、1999年度の0・82%をピークに減少している。96年から県教委が毎年調査してきた。

 74人の約8割は軽度だったが、「かなり重い」が4人、「やや重い」も8人いた。原因別(複数回答)では、震災後の住居の移転など「住宅環境の変化」が48人(64・9%)と最多で、「経済環境の変化」が42人(56・8%)と続いた。

 心のケア担当教員は、国が95年4月から被災地の小、中学校に配置してきた。教員定数とは別枠で、今年度までの15年間で延べ1694人の担当教員が家庭訪問や保健室で子どものケアにあたってきた。2000年度までは毎年207人いたが、徐々に減少し、今年度は神戸市内の4中学校4人だけとなっている。

釣り魂
ブリリアントワールド
ショッピング枠現金化
債務整理
クレジットカードのショッピング枠を現金化
posted by cawoapt7qb at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100円コンビニに強盗、4万円奪う 京都(産経新聞)

 5日午前2時50分ごろ、京都市北区紫野下御輿町のコンビニエンスストア「ローソン100円ショップ千本北大路店」で、男がレジカウンターにいた男性店員(22)に包丁のような物を突き付け、「金を出せ」と脅した。男は、店員が差し出した現金約4万円を奪って逃走。店員にけがはなかった。北署は強盗事件として捜査している。

 調べでは、男は20歳ぐらいで身長約170センチ。黒色のロングコートに黒縁の眼鏡、白色マスク姿だったという。

【関連記事】
新宿のティファニー強盗、エアガン使用か 店外に弾倉
ポケットに右手でけん銃偽装しコンビニ強盗未遂 「警察呼べばいいじゃないか」で逮捕
「吉野家」に強盗、40万円奪う 千葉県野田市
「泊まる場所もなく…」強盗未遂容疑で59歳無職男逮捕 愛媛
22年ぶりに10万件以下に 大阪府の街頭犯罪発生件数

ブログ懸賞生活
カメラマンのまたーりぶろぐ
無料携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
posted by cawoapt7qb at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。